Hozotという考え方

HOZOT(ホゾティ)は、へその緒の臍帯血から培養された免疫細胞の一種(T細胞)である。免疫抑制作用と癌細胞を殺す作用と、癌細胞だけを選んで侵入し、積極的に攻撃するとともに、がん細胞を殺す働きのある物質を放ちがん細胞を道連れに死滅させる特徴を持つ。今までにない新しいタイプのヒト血液細胞だ。

個人で臍帯血を保存することは費用も掛かる。そのため、HOZOTが注目され始めている。